【個人事業主開業 印鑑3本セット】 印鑑廃止の流れの中で、「本当に今、それ必要?」

開業

今回の独立開業するにあたり、用意したものがあります。それは、3種類の印鑑です。いずれも楽天市場から購入しました。世間では、印鑑廃止の流れですが、仕事を頂いてる側から「角印、押してね」と要望されたことから作成することになりました。

 

ネット上で、よく見かける「印鑑3本セット」

ネットで印鑑を購入するとなると、「開業」「印鑑」と2つのワードで検索する方が、多いと思います。

実際に、私も先の2つのワードで検索をかけました。そして、目に飛び込んでくるのが「法人3本セット」や「開業3本セット」だと思います。それら3本セットは、以下の印鑑がセットになったものを指します。

  • 代表印
  • 銀行印
  • 角印(会社印とも言います。以後、当ブログ内では角印と表記します)

 

そして、印鑑を調べてみると、主に「代表印」「銀行印」「角印」「ゴム印」の4つがあるとわかりました。次にネットで使用例を調べたり、個人事業主をしている知人に聞いた結果によると、皆さんが作った印鑑作らなかった印鑑にわけることができました。

 

作った印鑑、作らなかった印鑑

ネットで調べた情報と知人(個人事業主)ら聞いた話を総合的に判断し、私が実際に作った印鑑が「角印」「銀行印」「ゴム印」の3種類になりました。そして作らなかった印鑑は「代表印」となりました。

 

それでは最初に私が作らなかった印鑑、「代表印」の使用例を見ていきたいと思います。

 

【作らなかった印鑑 代表印】

「代表印」は、主に契約を交わす時に使う印鑑とされています。代表的な使用例が以下のものとなります。

  • 不動産売買契約書
  • 委任状金銭消費貸借契約書
  • 抵当権・質権等の設定契約書
  • 連帯保証の際に交わす契約書
  • 企業買収等の重要な契約書
  • 登記申請書
  • 公共入荷札に関する届出書

思い当たるものだけで、これだけありますが、暫くは、不動産を売買することも無いし、企業を売買するつもりもありません。以上の理由から「う~ん。当面、必要無いな(笑)」と思い作りませんでした。

 

次に、作った3種類の印鑑をみていきます。

こちらは、「代表印」と比べて、たびたび見かけることがありますよね(笑)

【作った印鑑 3種類】

名称 使用例
角印 形状は字の如く、四角い印鑑となります。「見積書」や「納品書」「請求書」に「領収書」等で見かけることができます。
銀行印 口座をお持ちの方なら誰でも持っている「銀行印」です。今回の開業にあたり、事業用の口座を開設するにあたり作成しました。
ゴム印 「角印」とセットで押印することが多いです。「角印」と同様に、「見積書」や「納品書」「請求書」に「領収書」等で頻繁に使用します。

ご覧の通り、使用例を見ると、「代表印」に比べて「角印」「銀行印」「ゴム印」は、見かけることも、使用機会がある事も、お分かり頂けたと思います。

 

私が購入したお店を紹介

今回、「角印」を「ハンコヤストア」さん、「銀行印」を「極印社」さん、「ゴム印」を「印鑑の一筋 楽天市場」さんに、それぞれお願いしました。

ハンコヤストア

「角印」の作成をお願いしました。

購入価格は、1,980円(税込み)でした。ホームページには、「業界最安値に挑戦中」と掲げているだけあって、値段・質ともに満足いく商品でした。10年保証付きなのも嬉しいポイントです。

 

 

極印社

「銀行印」の作成をお願いしました。

購入価格は、799円(税込み)でした。ホームページは若干、女性を意識した作りになっています。私の屋号は英字なので、作れるかどうか少し不安でしたが、無事、良いものができました。

 

 

印鑑の一筋 楽天市場

セパレード4段タイプの「ゴム印」の作成をお願いしました。

購入価格は、1,780円(税込み)でした。注文したセパレード4段タイプは、「屋号」「代表者名」「住所」「電話番号」を作成しました。ばらせて使えるるので、「住所」は色々な書類に使えて重宝しています。

 

 

それぞれ、商品(当社のリターンモデルの印鑑)をお願いしてから、手元に届くまで、1~2週間程度での納品となりました。

 

まとめ

今回、開業するにあたり、印鑑を作ろうと思い、最初に目に飛び込んできたのが「開業3本セット」でした。普段なら何の疑問も持たず、即買いしていたと思います。

しかし、最近では、印鑑廃止の流れもあったので

「これ、本当に、3本必要なのか?」と疑問を持ち、印鑑の事を私なりに調べた結果、現状の業務形態だと「代表印」は、要らないという結論となりました。

特に今は印鑑廃止の流れということもあるので、1度立ち止まり必要性を考えてから、購入してみてはいかでしょうか?

 

最後に、押印と捺印の違いついて

押印とは記名押印の略称 印刷やゴム印などで予め記入されている名に、印鑑を使用。
捺印とは署名捺印の略称 自書で書いた署名に、印鑑することです

 

上記から、分かるように、「記名捺印」とも「署名押印」とも言わないので、注意しましょうね(笑)

最後まで、記事を読んで頂き、ありがとうございました!

コメント