【フリーランス協会】個人事業主やフリーランスが、年会費1万円で「賠償責任保険が受けられる」と噂の、一般会員になりました。

開業

開業届、印鑑作成、事業決済用口座開設、小規模企業共済の加入と記事にしてまいりました。次に注目したのが不慮の事故等の影響による賠償責任問題です。

業務遂行中に、不慮の事故が発生し、多額の賠償金を請求された場合、備えが何もない状態だと一発退場となってしまいます。

そこで、今回、私が噂を耳にしたのがフリーランス協会の会員制度である。フリーランス協会の一般会員になると、驚きの賠償責任保険(自動付帯)が付いて来るというもの。

年会費は1万円。私は内容を吟味し、入会する事にしました!

それらを今回、記事にしていきたいと思います。

 

フリーランス協会とは

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は、独立して活動するプロフェッショナルや、 企業に属しながらキャリアを複線で築くパラレルワーカーの有志が主体となって設立された、 フリーランスによる、フリーランスのための、非営利団体です。

フリーランス協会のホームページより抜粋 コチラ

 

入会するメリット

フリーランス協会には、無料会員と一般会員(年会費1万円)の2種類があります。今回は、私が入会した一般会員になると受けることができるメリットを紹介していきます。

賠償責任保険(自動付帯)

一般会員が、フリーランスとして業務遂行上、発生しえるビジネスリスクをカバーしてくれる優れものです。私が会員になったのはこれがあるからです。

  1. 業務遂行中の補償
  2. 業務結果(PL責任)の補償
  3. 受託財物の補償
  4. 業務上過誤の補償(情報漏洩、納品物の瑕疵、著作権侵害、偶然な事故による納期遅延)

これらを、幅広くカバーしてくれるので、安心して業務に専念できます。

 

福利厚生

一般会員になると第2親等まで「WELBOX」を利用することができます。

下記のカテゴリーの中から、多くの特典を得ることができます。

 

国内旅行・国内宿泊 海外旅行 グルメ
ショッピング・暮らし スポーツ レジャー・エンタメ
リラク・ビューティ 学び 健康
子育て 介護 住宅・引越
車・レンタカー ブライダル 葬儀
マネー WELBOXイベント お祝い支援制度

 

会員優待

こちらは、私が利用とするものだけを紹介しています。

 

会計フリー

「会計Freee」がスタンダードプラン、2か月分の3,960円割引となります。

※但し、年額払いプランに限る。

つまり、年間利用料が23,760円(税抜)が19,800円(税抜)になるってことですね(笑)

 

chatwork

月額400円プランの「パーソナルプラン」が無償で利用できます。

年換算だと4,800円が無料!(2021年1月31日終了)

 

これら上記2つを利用すると年間8,760円がお得になります。年会費10,000円なので実質年会費は1,240円となります。

 

年会費を経費にできる

年会費の10,000円は、諸会費名目で経費にいれました。

 

笑顔男性

経費で落とせるのは嬉しいですね

 

「一般会員」申し込みの流れ

ここでは、一般会員になる為の流れを紹介します。

 

「一般会員になる」をクリックします

 

②「無料会員」か「一般会員」かの選択を行います。今回、一般会員の説明ですので一般会員の「申し込む」をクリックします。

 

③一般会員登録のご案内が出てきますので、内容を確認の上、「会員登録する」をクリックします。

 

 

④赤枠で囲まれた部分内に、申込者の基本情報を入力します。

 

⑤ビジネス情報を入力していきます。(④と同様な流れになります)

 

⑥本人確認書類をアップロードします。本人確認書類は、健康保険証や運転免許証、マイナンバーカード、住基ネットカードなどが使用できます。

 

⑦決済は、クレジットカード又はデビットカード、銀行振り込みのどちらかの選択ができます。私は、クレジットを選択しましたので、ここかはクレジット決済の流れになります。

ここで、クレジットカードの番号、有効期間、セキュリティーコードを入力します。

 

⑧免責事項の確認となります。確認が終えればチェックを入れていきます。

 

⑨登録申請が完了したら、こちらのアンケート画面になれば手続き終了となります。

 

笑顔男性

お疲れさまでした

 

まとめ

個人事業主やフリーターは、無限責任です。何か事を起こしてしまうと一発退場になります。突発的な思いがけない事故は、常に隣り合わせで存在します。だからこそ備えておきたい「賠償責任保険」です。

年会費1万円、月額換算だと約834円。

これで、安心して仕事できるなら安い買い物だと私は、考えます。個人事業主の皆さん、フリーターの皆さん、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

コメント